子犬の食事回数、量はどう決める?〜Doglig #041

子犬期の食事について、回数、量などの悩みについて
今日は解説していきます。

 

成長期の子犬の食事内容や量をどうしたらいいか?

 

 

が理解できると不安はなくなります。

 

子犬は成長期につき、十分な栄養とエネルギーが必要です。

 

ドライフードを利用する場合は、フードに記載の給餌量に従って与えます。

 

 

また、フードは「パピー用」の記載がされているものを選びます。
パピー用フードは成犬用フードと比べてエネルギー値が高めに設定されています。

 

 

フード利用の場合は必ずライフステージに合ったものを選択することが重要です。

 

 

手作り食の場合は1日3回、子犬が欲しがる量をたっぷりと食べさせます。
成長期に必要なたんぱく質をたっぷりと取らせることが重要です。
あとは身体の成長具合を見ながら量を調整します。

 

フードの場合はパピー用を選んでそれに従うこと、
手作り食の場合は子犬の状況を見ながら調整することです。

 

 

犬の食事の与え方や回数で不安になるのは

 

「ライフステージをチェックする」

 

といった基礎的な知識が不足しているからです。
基礎知識を学ぶことで不安は解消できるようになります。

 

今日の内容を詳しく解説した動画セミナーはこちらです。
ぜひチェックしてみてくださいね。

 

↓    ↓


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信