犬の食事の悩みを解消する「3つのポイント」を解説! Doglig#036

犬と初めて暮らす方は「犬の食事ってどうすればいいんだろう」と悩むと思います。

今日はその悩みの原因となる部分を明らかにし、
解消するための

 

●3つのポイント

 

 

を解説する動画セミナーをご用意しました。

 

適切な食事回数はどのくらいなんだろう?

 

与え方はどうすればいいの?

 

 

 

犬の数だけ様々な悩みがあると思います。

 

 

また、食欲旺盛で食べさせるだけ食べさせていたら太った!
逆に食が細くてあまり食べず、全然太らない!と言う悩みもありますね。

 

 

こうした悩みを解決するためには、

 

●犬の食事の種類

●与え方

●回数

 

について学ぶ必要があります。

 

 

例えば…。

 

 

現在、犬の食事は「ドッグフード」が主流です。

 

その一方で、犬の体質や体調に合わせて
自宅で食事を作る「手作り食」もあります。

 

 

また、ライフステージ別に食事回数が変わります。

 

 

例えば子犬から成犬への切り替え時期には、
一般的に食事回数を減らします。

 

また、妊娠中・授乳期の母犬
栄養要求量が成犬とは異なるので、それに合わせて食事回数や内容を調整します。

 

シニア犬は基本的に、あまり大きく食事を変える必要はありませんが、
病気などで個別に食事の調整が必要になるケースもあります。

 

 

食事で不安にならないためには、まず

 

「飼い主さんや犬の状態、ライフスタイルに合わせた最適な食事を
複数の選択肢の中から選ぶこと」

 

からスタートします。

 

次に、

「ライフステージに合わせた食事を調整すること」

です。

 

 

さきほど「世の中には、犬に自宅で食事を作ってあげる」という

 

●手作り食

 

と言う選択肢がある、と言うお話をしましたが、

 

アレルギーなどで食べられるものが限られているなどの
悩みを抱えた飼い主さんの場合、

 

ペットフード以外にも自宅で調整が利く

 

「手作り食」

 

と言う選択肢があると便利です。

 

 

食事の選択肢の幅が狭いと、問題が起こった際に解決方法が限られてしまいます。

 

具体的にはアレルギーで食べられる食材が限られているのだけれど
ペットフードの多くにはその食材が含まれているため
フードの選択肢が極端に少なくなってしまう。

 

さらに、その少ない選択肢の中のあるフードを
犬が嫌がって食べない、

 

価格も手頃ではないので
経済的にも負担が大きい、

 

などですね。

 

 

犬の体質や食の好みは様々です。
健康上の問題も、個体差があります。

 

まずはそういう前提をしっかり知った上で
最適な食事を飼い主さんが自分で選ぶ、と言う視点が無いと
犬の食事で悩む原因となります。

 

 

まずは「いろいろな選択肢がある」ということを知ってくださいね。

 

 

今日のポイントをまとめた動画セミナーはこちらです。
ぜひチェックしてくださいね。

 

↓   ↓

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信