犬の食事:ドッグフードと手作り食の違いを比較!! Doglig#038

犬にはドッグフードしか与えてはだめだと思っていたけれど、
「手作り食」というものががあるらしい…。

 

ところで手作り食ってどんなもの?

 

フードと何が違うの?

 

 

そんな「犬の食事にはじめて向き合う」飼い主さんのために、
今日は「手作り食」と「フード」の違いを解説します。

 

 

一言で言うと、
ドッグフードは「すでに出来上がっているご飯」です。

 

また、犬が必要とする栄養素を満たしている、と言う風に
保証しているものが多いですね。

 

(総合栄養食、の表示があるフードは既定の一定基準を満たしたことを表しています)

 

一方で「手作りご飯」は
私たちが普段口にする肉、魚、野菜、米等を使って自宅で調理する食事です。

 

 

注意点としては
犬が食べてはいけないとされる食品がありますので、
そういった食品を避けて作る必要があります。

 

ドッグフードは加工食品、
手作り食は家庭で作る「お母さんのごはん」と言うようなイメージで
とらえていただくと理解がしやすいです。

 

いかがでしょうか?

 

「手作り食」

「ドッグフード」

 

の基礎的な違いはご理解いただけましたか?

 

もし、「家庭で作るお母さんのごはん」に興味がある場合は、
犬の食事作りの基礎(食べさせてはいけないもの、量など)を学ぶことで
簡単に作ることができます。

 

是非興味のある場合は書籍などで勉強してみてくださいね。

 

この動画セミナーシリーズでも、今後
犬の「手作り食」について取り上げて行く予定です。

 

基礎から理解するためにも
今日の動画セミナーをしっかりチェックしておいてくださいね。

 

↓   ↓

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信