犬の手作り食の作り方Q&A〜一般飼い主でもできますか?Doglig#004

犬の食事を作るには、栄養学の知識をしっかり勉強しないとだめなのでは?!

 

…と思いこんでいる方、難しく考えすぎている方が多いですね。

こんにちは。
Dogligの諸橋直子です。

 

結論を先に言います。

 

よほど偏った食事でなければ、犬の食事作りに栄養学の深い知識は不要です。
(家庭科で習ったレベルで問題ありません)

 

また、手作り食で栄養が不足する心配もありません。

 

ドッグフードは栄養バランスが取れているけれど、
自作の手作り食で完璧な栄養バランスを再現できるかしら?と悩む方もいらっしゃいますが…。

 

ドッグフードは「それと水だけで生きていけること」を目的とした食べ物です。

 

手作り食は、日々いろいろな食べ物を食べて
その結果、健康な体を維持できるだけのエネルギーと栄養を摂取できる、という
スタイルの食事です。

 

根本的に、前提条件が違うので
この2つをいっしょくたに考えないことも大事なポイントです。

 

犬の手作り食が初めて!とう場合
肉:魚:米=1:1:1で作っていれば、大きな問題が起こることはまずありません。

 

難しく考えている方は、犬の食事に関する基礎知識を学べば安心材料になるでしょう。

 

犬の食事作りは難しい事ではありません。
実際に世の中には、たくさんの手作り食を実践している人たちがいます。

 

そうした事実を知れば、もっと安心できるでしょう。

 

是非、安心材料としての「犬の食事の基礎知識」を学んでみてくださいね。


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 

犬の手作り食の作り方Q&A〜栄養学の知識は必要ですか?Doglig#001

栄養学の知識が無いと犬の手作り食を作るのは無理なのでは?

 

そんな悩みを抱える「手作り食初心者」の方が多いです。

こんにちは。
Doglig講師の諸橋直子です。

 

さて、ここでちょっと考えてみましょう。

 

私たちも普段の食事は栄養計算などはしないですよね?

 

 

犬も一緒でよほど偏った食事でない限り大丈夫です。
例えば、健康な犬の食事の場合肉:米:野菜=1:1:1であれば、
栄養バランスが崩れることはまずありません。

 

また、身体の中には「ホメオスタシス(恒常性)」というものがあります。

 

これは、外部環境の変化が多少あろうとも
体内の環境を一定に保とうと言う働きを指します。

 

その意味で言うと、毎食毎食、完璧な栄養バランスがとれた食事が取れない
忙しくて食事を抜いてしまった、
そんな場合でも

 

「すぐに栄養不足になって倒れる!」

 

ということはまずありません。

 

 

犬も同様です。

 

1回の食事で多少の栄養の過不足があったからといって、
急に健康を害することはまずあり得ません。

 

いろいろなものを偏りなく食べることで
昨日多少ビタミンが不足しようが、
今日、果物を食べてたくさん摂取したので結果的にOK!

 

そんな気軽な気持ちでスタート時は大丈夫です。

 

心配になるのは、こうした犬の食に関する基礎知識が
足りないからです。

 

犬の栄養や生理代謝学についての基礎知識があれば、
安心して犬の食事作りにトライできます。

 

それにプラスして「犬に食べさせてはいけない物」を把握していくと
さらに大きな安心材料になります。

 

こちらの内容を動画セミナーにまとめてありますので
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信