犬の手作り食お勧め食材はコレ!:牛肉編 Doglig#014

牛肉は鉄分が豊富です。
貧血気味の犬等には特にお勧めです。

 

こんにちは。
Dogligの諸橋直子です。

 

牛肉はたんぱく質が豊富です。
脂質、亜鉛、鉄分、ビタミンB12などのビタミンB群も豊富に含みます。

 

部位によって特徴が違うので
併せてご紹介しますね。

 

●ロース:
柔らかくて美味しい部分です。
霜降りなりやすく、脂質を多く含みます。
肩ロースは筋が多めなので、歯ごたえのある食事を犬に取らせたい時に
固まりで利用すると噛みごたえのあるご飯になります。

 

●もも:
脂肪分が少なく赤身が多い部位です。
シチューなどにも良く用いられます。
かたまりや大きな切り身で使う料理に向く部位なので
犬の食事で噛みごたえを出したい際に最適です。

 

●バラ:
赤身と脂肪が層になっていて、旨みの強い部位です。
濃厚な味わいなので、犬の食欲をそそります。

 

牛肉は吸収率の高い鉄分を多く含む肉です。
そのため、疲労回復にもお勧めです。

 

 

ダイエットには低脂肪の赤みの部位がお勧めです。
丈夫な体を作りたい犬にはぜひ、積極的に食べさせてみてください。

 

今日のポイントを動画にまとめました。
ぜひチェックしてみてくださいね。

 

↓    ↓

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

 
 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。