犬の偏食、好き嫌いで悩んでいます、という場合の考え方

Office Guriの諸橋直子です。
今日から「犬の食事の悩み」をテーマに回答していきます。

 

犬の偏食、好き嫌いで悩んでいます

 

犬が偏食で困る…という悩みを抱えている方は多いです。

フードの好みがすぐに変わるので
一番小さな袋のフードを買ってきても、全部食べ終わらないうちに
犬が飽きて食べなくなってしまい、フードが無駄になってしまう…。

 

そういう悩みも多いですね。

 

では、犬が好き嫌いをして食事を食べない場合、
どうすればいいのでしょうか?

 

しつけの視点で一度、犬との関係を見直してみる

 

誤解の無いように初めに書いておきますが
この記事でお勧めの考え方は

 

「犬のわがままを矯正して、嫌いなものも無理にでも食べてもらう!」

 

というものではありません。

 

 

そうではなく、偏った偏食をなくして
色々なものを食べられて、犬も健康で、
飼い主さんも悩みがなくなって嬉しい!という状況に近づくには
どうしたらいいか?という視点でお話ししていきますので
そこのところを留意しながら読み進めていってくださいね。

 

 

まず、犬が出されたものを食べない、というときに
心配して、

 

「とっておきのおやつ」

 

など、これなら食べる!という別の食べ物を出してきて
与えたりしていないでしょうか?

 

これをやってしまうと犬は

 

「出された食事を食べなければ、自分が大好きなおやつが出てくる」

 

という風に学習してしまいます。

 

 

知らず知らずのうちに、こういう条件と結果の意味づけを
飼い主さんが犬にさせてしまってはいないか?という視点で
一度犬との関係を振り返ってみると
意外な原因が明らかになるケースもあります。

 

 

食事を食べない→じゃあ下げます!で
片づけてみる。

 

もし先にお話しししたように
犬が大好きなおやつを食べたいがために、食事をスルーするような
癖がついてしまっている場合、
食事を食べない場合は食事を下げ、
次の食事まで何も与えない、という方法を試してみることをお勧めします。

 

こうすると、犬もお腹がすいて
次の食事のときは一生懸命に食べる、という風になるケースが多いです。

 

「食事をスルーしても、大好物は出てこないんだな」

 

というのを犬に理解してもらう、という方法ですね。

 

食事の問題を「犬との関係」という少し大きな視点で考えると
解決策が明らかになるケースも多いので
今回はご紹介した次第です。

 

今日の内容を詳しく解説した動画セミナーも
ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

 

 

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。