犬の便秘解消オススメ食材(2)〜水分たっぷりメニューの紹介

Office Guriの諸橋直子です。

犬の便秘解消にオススメの食材、食事について
原因別にご紹介するシリーズですが
今回は、

 

  • 水分不足によって起こる便秘

にオススメな「水分たっぷりメニュー」をご紹介していきます。

 

ドライフードの水分含有量は10%程度です。
積極的に水を飲むのを好まない犬の場合

水分不足になるケースもあります。

ドライフードは長持ちするよう作られているので
水分含有量は最低限に抑えられています。

 

そのため、水を積極的に飲まない犬の場合は
1日の水分摂取量が少ないケースがあります。

 

これは別に命に関わるとか
水の飲み方が少ないから直接健康に影響するとかそういう話ではないので
安心してくださいね。

 

ただ、それで特に問題がなければ構いませんが
中には水分が不足するために、便が硬くなってしまい
それが原因で便秘になるケースもあります。

 

では、こういう場合どのようにして
犬の水分摂取量を増やしたらいいのか?について
引き続きお話ししていきます。

 

ドライフードを利用の場合、
スープをかけてあげるだけで
水分摂取量を増やせます。

 

例えば、鶏むね肉を煮出したスープを作っておき
ドライフードにかけて食べさせるだけで
食事と一緒にたくさんの水分を摂取できます。

 

スープは難しく考える必要はありません。
肉や魚を煮て取った、味付けなしのスープを好む犬はとても多いですし
現在は、犬用の粉末の栄養補給用スープなども
通販などで売られていますから、
そういうものを利用しても良いでしょう。

 

肉、魚、昆布など様々な出汁を取ってみて
愛犬がどういう味を好むかを探るのも楽しいものです。

 

是非チャレンジしてみてください。

 

手作り食の場合、スープご飯がおすすめです!

手作り食を実践されている方で
今の食事でさらに水分量を増やしたい!という場合は
スープかけご飯がおすすめです。

 

肉、野菜などを具として入れたスープを
ご飯、または麺類にかけてスープご飯、スープ麺にすることで
水分摂取量を増やせます。

 

ご飯の場合、さらさらのスープをかけると
お茶漬け状態になり、お米粒を飛ばす、
または食べにくそうにする犬もいますから
片栗粉などであらかじめとろみをつけた状態にすると
食べやすくなるケースもあります。

 

便通には適度な水分も必要ですから
便が固い、コロコロしている、いつもいきんで排便が辛そう…という場合は
水分を補う方法を試してみるのがおすすめです。

 

今日の内容を詳しく解説した動画セミナーも合わせてご覧ください。

 

 

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。