犬の便秘の原因を考える(4)ストレスなどによる場合 Doglig#058

犬の便秘で悩む飼い主さんは多いです。
また、便秘が続くと犬も食欲が無くなったり、
排便時にいきまなくてはいけないなど、辛いことも多くなります。

そこで今回は、便秘の原因のひとつである「ストレスによる便秘」についてお話ししします。

 

犬にだってストレスはある。


 

ストレスと言えば

「人間関係が上手くいかない」
「仕事でトラブルが…」

と言うことを思い浮かべる方が多いと思います。

 

「犬が別に人間関係で悩まないでしょう?
犬にもストレスなんてあるんですか?」

 

犬には犬のストレスが存在します。

 

例えば以下のようなことは、犬のストレスの要因になります。

 

・長時間の留守番
・騒音
・適切でない気温
・運動不足
・犬のサインを理解してもらえない
・生活環境の急な変化

 

一つ一つ解説していきましょう。

 

 

犬のストレス要因1:長時間の留守番


 

長時間の留守番は、あまり気にしない犬もいますが
もともと1匹でいるのが苦手、不安分離症気味の犬の場合
長時間の留守番がストレスになるケースがあります。

 

飼い主さんの生活もあるので、長時間の留守番が避けられないケースもあると思いますが
犬の性格を見極めた上で、
留守番によって犬が受けるストレスを上手に発散することが必要な場合もあります。

 

家庭犬専門のトレーナーに相談し、留守番になれてもらうプログラムを実践する、
マッサージなどを取りれて
犬のストレスを解消するなど、できることはいろいろあります。

 

 

犬のストレス要因2:騒音


 

もともとの生まれつきの性格で、大きな音が嫌い、苦手、と言う犬も存在します。

 

例えば、雷の音が全く平気な犬もいれば
雷が非常に苦手で、音を聞くだけでパニックになる犬もいます。

 

音が苦手な犬の場合、自宅のリフォームなどで
一定期間騒音が続く環境で生活しなければならない場合などは
強いストレスを感じるケースもあります。

 

もし、犬が騒音でストレスを感じているようだな、と思う場合は
リフォームなどの場合は、工事をしている時間帯は
できるだけ犬を外に連れ出すなどして、犬を騒音から遠ざけてあげる工夫も大事です。

 

 

犬のストレス要因3:適切でない気温。


 

暑すぎる、寒すぎるなど、その犬にとって快適で無いと感じられる気温で
長く過ごすこともストレスにつながります。

温度調整も大事だということですね。

 

犬のストレス要因4:運動不足


 

適度な運動もストレスを溜めこまないためには必要です。
運動不足が犬にとってストレスになることを知っておくことも大切です。

 

普段なかなか忙しいので散歩の時間が取れない場合は
週末にドッグランなどを利用して、思い切り犬を走らせるなど
上手なストレス解消法を取り入れるのもお勧めです。

 

 

犬のストレス要因5:犬のサインを理解してもらえない


 

カーミングシグナルというものをご存知でしょうか?

 

これは簡単に言うと、犬独自のボディランゲージです。
犬は独自のボディランゲージで犬同士のコミュニケーションをとることで知られますが
そのしぐさ、動作の中には

 

「人間と同じようなしぐさだが、意味合いが全く違うもの」

 

が含まれることが多いです。

 

例えばあくび。
人間の場合、あくびは「眠い」という意味合いの他に、「もう飽きた」といった
ネガティブな意味を持つ場合があります。

なので、犬が何かいたずらをして叱っているときに
犬があくびをすると

 

「真面目に聞いていない!」

 

と激怒する飼い主さんもいますが、
実はこれは犬のカーミングシグナルの一種だと知ったら
あなたは驚くでしょうか?

 

犬のあくびには、もちろん「眠い」と言う意味もありますが

 

「怒るのを止めてください。私は戦いたくないです。
あなたと戦う意思はありません」

 

という、停戦の提案、の意味があることで知られています。

 

つまり、怒り狂う飼い主さんに対し

 

「もう怒らないでください」

 

というのを一生懸命伝えているのですが
その伝え方が犬独自のサインを用いることで通じない上、
さらに「ちゃんと聞いてないない!」とますます怒られてしまうというわけです。

 

こうした「ちょっとした行き違い」をストレスに感じる犬も多いので
注意が必要です。

 

犬のストレス要因6:生活環境の急な変化


 

引っ越しをした、家族が増えた、減ったなどの変化にも上手く対応できない場合は
犬のストレスになるケースがあります。

 

例えば、新しい犬を家族に迎えて1匹から多頭飼いになった際、
先住犬がストレスを感じて便秘になるケースもあります。

 

また、結婚して家族構成が変わった、など
家族の構成要員が変わることでストレスを感じる犬もいます。

 

こういう場合は、犬ができるだけ新しい環境に慣れるよう
配慮することが大切です。

 

 

まとめ:


 

いかがでしょうか?

 

犬の便秘の原因は様々ですが

ストレス

も便秘の原因になるケースがあることを知っておくことは重要です。

 

便秘=じゃあ牛乳を飲ませよう!

 

と言う考え方は、ちょっと短絡的すぎます、というのが
今回お伝えしたかったことです。

 

便秘の原因がいろいろなのであれば、
その原因に合わせた対応が、それぞれ必要になりますよね?

 

 

犬にとって思わぬことがストレスになるケース、
犬のストレスについてどういうことを学べばいいのか?については
Doglig動画セミナー内でも解説しています。

併せて参考にしてください。

 

↓   ↓

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。