犬の食事ビギナーズ!ペットフードについて客観的な情報を知ろう

Doglig の諸橋直子です。

久しぶりに動画を更新しました。

今回のテーマは「ペットフードについて客観的な情報を知ろう!」です。

 

 

私は犬の健康をテーマにした「メールマガジン」を配信していますが、多くの読者のみなさんが「犬の食から健康を考える」ことに興味を持っています。

犬の食事には様々な選択肢があります。代表的なのは以下のようなものですね:

 

  • ペットフード
  • 手作り食
  • ペットフードに野菜などを載せるトッピング食

など。

 

その中で、実際に最も多く利用されているのが「ペットフード」です。

 

普段、手作り食を実践している人でも、犬をホテルに預ける、病院に泊まらせるといった場合はフードを犬に食べさせる場合もあります。今ではペットホテルや病院でも手作り食の持ち込みOKな所も増えてきましたが、衛生管理などの面から病院などではドライフードを推奨するところも多くあります。

 

そのため、犬にとっては切ってもきれない身近な存在である「ペットフード」について、客観的な情報を学ぶ場として「ペットフードの情報をどう読み解くか?」をテーマにした動画シリーズを開始することにしました。

 

ペットフードについては誤解されているケースも多くありますので、できるだけ客観的で正しい情報を飼い主さん自身が知る機会を増やしていきたいと考えています。

 

是非楽しみにしていてくださいね。

 

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 

犬の手作り食は毎日続けなくてはだめ?

犬の手作り食を始めたら、毎日必ず手作り食でなくてはだめ、とにかく続けないとだめ、
という強迫観念をもってしまう方も時々いらっしゃいます。

そんなことは実際にはありません。

時間があるときにたまに、でもいいですし、ドッグフードにトッピングでも構いません。

フードに野菜や肉を煮たスープをかけるだけでも立派な手作り食です。

 

犬に食べさせてはいけないもの以外は、基本的にいろいろ食べさせて大丈夫なので、先ずは自分が継続可能な範囲内で、簡単なことからスタートするのがお勧めの姿勢ですね。

 

にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 

犬の手作り食初心者向けのお勧めレシピは?

犬の手作り食初心者の方は、レシピを色々と難しく考えてしまいがちです。

でも、先ずはチャレンジすることが大事ですので、基礎的なことを抑えたら、あとはまずやってみる、という姿勢がお勧めですね。

 

犬の手作り食やアロマセラピー、マッサージなど、家庭でできる犬の健康のための情報を配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

この記事は「メルマガ:ぐり通信」のバックナンバーです。
愛犬の健康寿命を延ばすホームケア「犬の手作り食」「アロマセラピー」「薬膳」等の情報を配信しています。

★メルマガ「ぐり通信」を無料でご購読いただけます!
下記のフォームに本名を漢字で正確にご登録ください。カタカナのみ、ローマ字のみ、ひらがなのみ、犬の名前などで登録された場合はいたずらとみなし、一切の情報を配信いたしませんので事前にご理解の上ご登録ください。



メールアドレス(必須)
(必須)
(必須)



 

●愛犬の薬膳を学ぶ無料メールセミナー:無料登録はこちらから!

●犬の手作り食にお勧め!身近な薬膳食材10種の解説テキスト:無料請求はこちらから。

●犬の手作り食を学ぶ:無料メールセミナー配信中!登録はこちらから

●犬の食事の栄養バランスが気になる方へ:栄養学を学ぶ無料電子書籍の請求はこちらから

●犬に野菜をあげても大丈夫ですか?を解説したテキストを無料配布中!

 

●アロマセラピーで犬に安全な虫よけ~アロマの虫除けメール講座のご登録はこちらから。

犬のためのアロマテラピー無料オンラインメールセミナーのご登録はこちら。

犬のアロママッサージ電子書籍テキスト配布中!ご請求はこちら。

犬に禁忌なアロマ精油23種のリストと解説動画配信中!今すぐエントリー!

愛犬の冷え対策オンライン講座配信中!今すぐエントリー!

 

犬の偏食、好き嫌いで悩んでいます、という場合の考え方

Office Guriの諸橋直子です。
今日から「犬の食事の悩み」をテーマに回答していきます。

 

犬の偏食、好き嫌いで悩んでいます

 

犬が偏食で困る…という悩みを抱えている方は多いです。

フードの好みがすぐに変わるので
一番小さな袋のフードを買ってきても、全部食べ終わらないうちに
犬が飽きて食べなくなってしまい、フードが無駄になってしまう…。

 

そういう悩みも多いですね。

 

では、犬が好き嫌いをして食事を食べない場合、
どうすればいいのでしょうか?

 

しつけの視点で一度、犬との関係を見直してみる

 

誤解の無いように初めに書いておきますが
この記事でお勧めの考え方は

 

「犬のわがままを矯正して、嫌いなものも無理にでも食べてもらう!」

 

というものではありません。

 

 

そうではなく、偏った偏食をなくして
色々なものを食べられて、犬も健康で、
飼い主さんも悩みがなくなって嬉しい!という状況に近づくには
どうしたらいいか?という視点でお話ししていきますので
そこのところを留意しながら読み進めていってくださいね。

 

 

まず、犬が出されたものを食べない、というときに
心配して、

 

「とっておきのおやつ」

 

など、これなら食べる!という別の食べ物を出してきて
与えたりしていないでしょうか?

 

これをやってしまうと犬は

 

「出された食事を食べなければ、自分が大好きなおやつが出てくる」

 

という風に学習してしまいます。

 

 

知らず知らずのうちに、こういう条件と結果の意味づけを
飼い主さんが犬にさせてしまってはいないか?という視点で
一度犬との関係を振り返ってみると
意外な原因が明らかになるケースもあります。

 

 

食事を食べない→じゃあ下げます!で
片づけてみる。

 

もし先にお話しししたように
犬が大好きなおやつを食べたいがために、食事をスルーするような
癖がついてしまっている場合、
食事を食べない場合は食事を下げ、
次の食事まで何も与えない、という方法を試してみることをお勧めします。

 

こうすると、犬もお腹がすいて
次の食事のときは一生懸命に食べる、という風になるケースが多いです。

 

「食事をスルーしても、大好物は出てこないんだな」

 

というのを犬に理解してもらう、という方法ですね。

 

食事の問題を「犬との関係」という少し大きな視点で考えると
解決策が明らかになるケースも多いので
今回はご紹介した次第です。

 

今日の内容を詳しく解説した動画セミナーも
ぜひ併せてチェックしてみてくださいね。

 

 

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

犬の便秘解消オススメ食材(4)お腹を温める穀類

Office Guriの諸橋直子です。
今回も「犬のお腹を温めて便秘を解消するのに役立つ食材」として

 

  • 穀類

 

をご紹介していこうと思います。

 

糖質は貴重なエネルギー源
しっかり食べさせるのがお勧めです。

 

生き物の体は犬も私たちも、基本的にエネルギーを燃やして
活動しています。

 

そのため、食事からしっかりエネルギーを摂取することが重要です。
エネルギーが不足すると、体全体の元気がなくなり
胃腸の動きが鈍り、便秘につながるケースも多いです。

 

犬は糖質を食べなくても生きていけますが
糖質はエネルギーとして利用しやすい栄養素です。
食べさせてはいけないものではありませんので
適度に利用するのがお勧めです。

 

(糖質を食べさせるとガンになるのでは?という説も一部ありますが
糖質という単独の栄養素のみがガンの原因になるという証拠は
今のところありません。

また、食事から糖質絶ちをしても、体内で糖質が不足した場合
肝臓で筋肉などのタンパク質を分解し、糖を作り出す働きがあるので
結局は食事から糖質をカットしても、体内では糖が作られます。

 

これについては別の機会にテーマとして取り上げていこうと考えています)

 

 

便秘の原因が「腸」だけの問題ではなく
体全体の調子がいまいち、元気がなり、ということが関係している場合もあります。

 

そういう場合は、まずはしっかりとエネルギー源になる食事を食べさせて
体全体を元気にする、という選択肢もあるということを
覚えておうてくださいね。

 

今日の内容をまとめた動画セミナーも
併せてご覧ください。

 

 

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

犬の便秘解消オススメ食材(3)お腹を温める豆類

Office Guriの諸橋直子です。

犬の便秘の原因別にお勧めの食事をご紹介するシリーズ、
今回は

  • お腹を温める食材

として「豆類」をご紹介しようと思います。

 

お腹を温める食材ってどういう意味??

 

中国の古典医学である「中医学」には、食事療法としての「薬膳」という
考え方があります。

 

この薬膳では、食べ物にはそれぞれ
体を温める、体の熱を冷ます、というような独自の作用がある、ととらえています。

 

これは実際にじゃあ何かを食べたら体温が3度上がる!とか
逆にこれを食べたら体温が何度下がった!とか
そういう効果を意味するものではありません。

 

(そもそも、食物にいちいちそんなに体温を上げ下げする効果があっては
別の意味で大変ですし、厄介です)

 

  • 体を温める=エネルギーを補い、代謝をよくする、血液の循環を良くする
  • 体の熱を冷ます=ほてりを鎮め、炎症などが収まるのを助ける

 

そんな意味合いでご理解いただくとわかりやすいと思います。

 

では今回のテーマである「お腹を温める豆類」ですが、
このような効果がある食べ物、という風にとらえると理解がしやすいです。

 

  • 豆類にはでんぷん質が多く、エネルギー源になる
  • そのため、胃腸が活発に活動するためのエネルギー補給になる
  • 豆類には適度な繊維質も含まれているため、便通を助ける

 

つまり適度なエネルギー源となり胃腸の活動を助ける、
適度な食物繊維が腸にとっての良い刺激となり、
腸の動きを活発にする。

 

こういうことを全部含めて「お腹を温める」というイメージをしてみてください。

 

エネルギー源を補って、胃腸の動きを活発にする、
冷え切っていた機械を温めて、
フル稼働できるよう調整するようなイメージですね。

 

豆類には血行を良くする成分も
含まれているケースが多い。

 

さらにいうと、豆類には血行を良くする成分が含まれている場合も多いです。

文字通り、食べて血行を良くし
結果としてお腹の冷えが解消されて
胃腸が活発に動いて便秘解消、ということにつながるわけですね。

 

 

豆類を犬に与える際にポイント。

 

  • 十分に加熱する
  • 皮などの消化しにくい箇所はよく潰す、細かくする

 

豆類は調理の際、十分加熱することが大切です。
豆の種類によっては十分に加熱しないと中毒症状を起こすケースもあります。

(以前、白インゲン豆がダイエットに良い!ということでブームになりましたが
 十分加熱しない状態で食べることによって、大勢の人たちが中毒症状を起こしたことは
 記憶に新しい方もいらっしゃるかもしれません。

 豆をしっかり加熱することにより、その毒性を消して安全に食べるのは
 昔からの知恵ですので、必ず十分に加熱して食べることが大切です。

 

 これは、人・犬共通で食べる際の大切な注意事項です)

 

 

また、豆はそのまま食べさせても
犬が丸呑みして消化されず、便に排泄されるケースも多いですから
茹でた豆を犬に与える際は、フォークで潰すなど
ある程度消化しやすり形で与えるのがお勧めです。

 

黒豆ごはん、小豆粥などのメニューを普段の食事に取り入れて
楽しんでいる犬たちもたくさんいます。

 

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

今回の内容を詳しく解説した動画セミナーはこちらです。
併せて視聴して、理解を深めてくださいね。

 

 

 
 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

犬の便秘解消オススメ食材(2)〜水分たっぷりメニューの紹介

Office Guriの諸橋直子です。

犬の便秘解消にオススメの食材、食事について
原因別にご紹介するシリーズですが
今回は、

 

  • 水分不足によって起こる便秘

にオススメな「水分たっぷりメニュー」をご紹介していきます。

 

ドライフードの水分含有量は10%程度です。
積極的に水を飲むのを好まない犬の場合

水分不足になるケースもあります。

ドライフードは長持ちするよう作られているので
水分含有量は最低限に抑えられています。

 

そのため、水を積極的に飲まない犬の場合は
1日の水分摂取量が少ないケースがあります。

 

これは別に命に関わるとか
水の飲み方が少ないから直接健康に影響するとかそういう話ではないので
安心してくださいね。

 

ただ、それで特に問題がなければ構いませんが
中には水分が不足するために、便が硬くなってしまい
それが原因で便秘になるケースもあります。

 

では、こういう場合どのようにして
犬の水分摂取量を増やしたらいいのか?について
引き続きお話ししていきます。

 

ドライフードを利用の場合、
スープをかけてあげるだけで
水分摂取量を増やせます。

 

例えば、鶏むね肉を煮出したスープを作っておき
ドライフードにかけて食べさせるだけで
食事と一緒にたくさんの水分を摂取できます。

 

スープは難しく考える必要はありません。
肉や魚を煮て取った、味付けなしのスープを好む犬はとても多いですし
現在は、犬用の粉末の栄養補給用スープなども
通販などで売られていますから、
そういうものを利用しても良いでしょう。

 

肉、魚、昆布など様々な出汁を取ってみて
愛犬がどういう味を好むかを探るのも楽しいものです。

 

是非チャレンジしてみてください。

 

手作り食の場合、スープご飯がおすすめです!

手作り食を実践されている方で
今の食事でさらに水分量を増やしたい!という場合は
スープかけご飯がおすすめです。

 

肉、野菜などを具として入れたスープを
ご飯、または麺類にかけてスープご飯、スープ麺にすることで
水分摂取量を増やせます。

 

ご飯の場合、さらさらのスープをかけると
お茶漬け状態になり、お米粒を飛ばす、
または食べにくそうにする犬もいますから
片栗粉などであらかじめとろみをつけた状態にすると
食べやすくなるケースもあります。

 

便通には適度な水分も必要ですから
便が固い、コロコロしている、いつもいきんで排便が辛そう…という場合は
水分を補う方法を試してみるのがおすすめです。

 

今日の内容を詳しく解説した動画セミナーも合わせてご覧ください。

 

 

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

犬の便秘解消オススメ食材(1)〜根菜類で食物繊維を摂ろう!

Office Guiの諸橋直子です。

今回より数回に分けて、犬の便秘の原因別
おすすめ食材についてご紹介していこうと思います。

 

食物繊維が不足することで
起こる便秘の場合。

 

便秘には様々な原因があり、
その原因に合わせた対応が必要なことは
過去にこのサイトと動画セミナーの中でお話ししました。

 

今回は「食事から摂取する食物繊維が少ないために便秘が起こるケース」を
取り上げます。

 

犬に食物繊維ってあげても大丈夫なの?腸の負担になるのでは?と
心配される方が時々いらっしゃいますが
適度な食物繊維の摂取は腸の健康にとってたくさんのメリットがあります。

 

例えば、

  • 便のカサが増え、便通が良くなる
  • 食物繊維が適度に腸を刺激し、腸の蠕動(ぜんどう)運動を促す
  • 腸内で発生する有害物質を吸着し、体外に排泄する手助けをする

などですね。

 

では、どのような食物から食物繊維を摂取すればいいのでしょうか?

 

おすすめは「根菜類」

 

ニンジン、ジャガイモ、サツマイモといった根菜類が
犬の食事の食物繊維プラスにおすすめです。

 

犬は甘い味を好む傾向があり
加熱したニンジン、ジャガイモ、サツマイモなどは
適度な甘味があるのでよく食べる、という犬が多いです。

 

手作りご飯の具材にこれらの根菜類をプラスするのもおすすめですし
おやつ代わりにふかした芋を与えるのもいいでしょう。

 

ぜひ試してみてくださいね。

 

今日の内容をまとめた動画セミナーも合わせてチェックしてみてください。

 

 

 

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

犬の便秘の原因を解説(5)〜病気のケース

Office Guriの諸橋直子です。

さて、これまで犬の便秘の原因について色々と解説してきました。
今回はこのシリーズの最終回です。

 

病気が原因で便秘のケースもあるので注意!

 

これまでは体質や食事内容について問題があるケースについて
解説してきました。

 

今回は「便秘の裏には病気が隠れているケースもあるので注意が必要!
というお話です。

 

たとえば、異物を飲み込んで腸が詰まってしまう!というケースもあります。

実際問題として、このように腸が詰まるような場合は重篤な症状が出て
すぐ病院へ!というケースがほとどんです。

 

なので、病気と便秘の関連が高いケースで
飼い主さんが日常的に接するケースがるとするとそれは

腫瘍などがあり、腸の内容物がスムーズに通過できないことによっておこる便秘

となります。

 

便秘が長く続く、どうもおかしい…という場合は
病気の可能性も視野に入れ、早めに獣医師に相談するのがポイントです。

 

今回の内容についてまとめた動画セミナーも併せてチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信

犬の便秘の原因を考える(4)ストレスなどによる場合 Doglig#058

犬の便秘で悩む飼い主さんは多いです。
また、便秘が続くと犬も食欲が無くなったり、
排便時にいきまなくてはいけないなど、辛いことも多くなります。

そこで今回は、便秘の原因のひとつである「ストレスによる便秘」についてお話ししします。

 

犬にだってストレスはある。


 

ストレスと言えば

「人間関係が上手くいかない」
「仕事でトラブルが…」

と言うことを思い浮かべる方が多いと思います。

 

「犬が別に人間関係で悩まないでしょう?
犬にもストレスなんてあるんですか?」

 

犬には犬のストレスが存在します。

 

例えば以下のようなことは、犬のストレスの要因になります。

 

・長時間の留守番
・騒音
・適切でない気温
・運動不足
・犬のサインを理解してもらえない
・生活環境の急な変化

 

一つ一つ解説していきましょう。

 

 

犬のストレス要因1:長時間の留守番


 

長時間の留守番は、あまり気にしない犬もいますが
もともと1匹でいるのが苦手、不安分離症気味の犬の場合
長時間の留守番がストレスになるケースがあります。

 

飼い主さんの生活もあるので、長時間の留守番が避けられないケースもあると思いますが
犬の性格を見極めた上で、
留守番によって犬が受けるストレスを上手に発散することが必要な場合もあります。

 

家庭犬専門のトレーナーに相談し、留守番になれてもらうプログラムを実践する、
マッサージなどを取りれて
犬のストレスを解消するなど、できることはいろいろあります。

 

 

犬のストレス要因2:騒音


 

もともとの生まれつきの性格で、大きな音が嫌い、苦手、と言う犬も存在します。

 

例えば、雷の音が全く平気な犬もいれば
雷が非常に苦手で、音を聞くだけでパニックになる犬もいます。

 

音が苦手な犬の場合、自宅のリフォームなどで
一定期間騒音が続く環境で生活しなければならない場合などは
強いストレスを感じるケースもあります。

 

もし、犬が騒音でストレスを感じているようだな、と思う場合は
リフォームなどの場合は、工事をしている時間帯は
できるだけ犬を外に連れ出すなどして、犬を騒音から遠ざけてあげる工夫も大事です。

 

 

犬のストレス要因3:適切でない気温。


 

暑すぎる、寒すぎるなど、その犬にとって快適で無いと感じられる気温で
長く過ごすこともストレスにつながります。

温度調整も大事だということですね。

 

犬のストレス要因4:運動不足


 

適度な運動もストレスを溜めこまないためには必要です。
運動不足が犬にとってストレスになることを知っておくことも大切です。

 

普段なかなか忙しいので散歩の時間が取れない場合は
週末にドッグランなどを利用して、思い切り犬を走らせるなど
上手なストレス解消法を取り入れるのもお勧めです。

 

 

犬のストレス要因5:犬のサインを理解してもらえない


 

カーミングシグナルというものをご存知でしょうか?

 

これは簡単に言うと、犬独自のボディランゲージです。
犬は独自のボディランゲージで犬同士のコミュニケーションをとることで知られますが
そのしぐさ、動作の中には

 

「人間と同じようなしぐさだが、意味合いが全く違うもの」

 

が含まれることが多いです。

 

例えばあくび。
人間の場合、あくびは「眠い」という意味合いの他に、「もう飽きた」といった
ネガティブな意味を持つ場合があります。

なので、犬が何かいたずらをして叱っているときに
犬があくびをすると

 

「真面目に聞いていない!」

 

と激怒する飼い主さんもいますが、
実はこれは犬のカーミングシグナルの一種だと知ったら
あなたは驚くでしょうか?

 

犬のあくびには、もちろん「眠い」と言う意味もありますが

 

「怒るのを止めてください。私は戦いたくないです。
あなたと戦う意思はありません」

 

という、停戦の提案、の意味があることで知られています。

 

つまり、怒り狂う飼い主さんに対し

 

「もう怒らないでください」

 

というのを一生懸命伝えているのですが
その伝え方が犬独自のサインを用いることで通じない上、
さらに「ちゃんと聞いてないない!」とますます怒られてしまうというわけです。

 

こうした「ちょっとした行き違い」をストレスに感じる犬も多いので
注意が必要です。

 

犬のストレス要因6:生活環境の急な変化


 

引っ越しをした、家族が増えた、減ったなどの変化にも上手く対応できない場合は
犬のストレスになるケースがあります。

 

例えば、新しい犬を家族に迎えて1匹から多頭飼いになった際、
先住犬がストレスを感じて便秘になるケースもあります。

 

また、結婚して家族構成が変わった、など
家族の構成要員が変わることでストレスを感じる犬もいます。

 

こういう場合は、犬ができるだけ新しい環境に慣れるよう
配慮することが大切です。

 

 

まとめ:


 

いかがでしょうか?

 

犬の便秘の原因は様々ですが

ストレス

も便秘の原因になるケースがあることを知っておくことは重要です。

 

便秘=じゃあ牛乳を飲ませよう!

 

と言う考え方は、ちょっと短絡的すぎます、というのが
今回お伝えしたかったことです。

 

便秘の原因がいろいろなのであれば、
その原因に合わせた対応が、それぞれ必要になりますよね?

 

 

犬にとって思わぬことがストレスになるケース、
犬のストレスについてどういうことを学べばいいのか?については
Doglig動画セミナー内でも解説しています。

併せて参考にしてください。

 

↓   ↓

 


▼愛犬の手作り食・アロマテラピー・マッサージ▼
ホームケアに関する無料メルマガ配信中!

ご登録はこちらから!


メルマガ限定の情報等も配信しています。

犬の手作り食・アロマ・マッサージ:ぐり通信